キャッシング アルバイト

キャッシングを行う時には金融業者のカードローン審査をクリアする必要があり、基本的には高収入で安定した職業で借金履歴に傷が無い成人以上の方は有利になりますし、無職無収入状態では原則的には借りる事は出来ないものです。

 

そこでアルバイトやパートの方はキャッシング出来ないのかというとそうではなく、大きな借金で無ければ借りる事は可能ですし、銀行でも消費者金融でも契約の範囲内で利用している方は多いですから、審査に挑むのも良いでしょう。

 

この審査の時に在籍年数というものは大きな要因であり、例えば高収入の安定した職種でも在籍年数が短すぎると審査に落ちる事もあり、当然アルバイトの方でも在籍が短いと審査落ちのリスクがあります。

 

フルタイムでは無いアルバイトで在籍年数が長いという場合は、在籍年数が長い事から安定して収入の流れを持っていると判断出来ますから、収入が少ないフルタイムで無くても審査通過の可能性がありますし、例えばフルタイムでは無いアルバイトが50万円キャッシングしたいと希望しても融資してくれる可能性はありますし、基本的に収入証明書の提示も不要で融資を受けてカード利用する事が可能です。

 

1社辺り50万円、複数社合わせて100万円を超える金額を希望する場合は原則として収入証明書の提示が必要となりますが、小口のキャッシングの場合は上限額50万円で設定されている業者が多く、こうしたキャッシングでは収入証明書の必要もなく、収入の流れを持っている方が利用出来るようになっていますし、きちんと返済ルールを守って使っていると信用も高まっていきますから何の問題も無くキャッシングが可能です。

 

1社から50万円を超える金額を希望するならば、収入の関係もありますからフルタイムでは無いバイトでは時給によっては希望に沿うキャッシングを行う事が難しいですし、特に消費者金融では収入の3分の1以上の借り入れは総量規制で禁止されている事もあり、収入次第で融資される枠が決定されてしまいます。

 

銀行にはこの規制が適用されないものの、大きな借り入れを希望すると収入証明書が必要になりますから、審査で上限が決められてしまい、返済時に貸し倒れのリスクが無い範疇での利用という事になります。

 

これらの決まりを知っておくと借金を行う時にも便利ですし、自分がどれ位の金額をどこから借りる事が出来るかも知る事が出来ますし、基本的には収入の3分の1を超えるような借金を行うと生活を圧迫させる可能性が大きくなるので、計画的に借金を行う事が必要ですし、返済時に滞納や延滞すると信用情報に傷がついて、他の業者に融資を希望しても審査に通らなくなるリスクも発生します。

 

借りたお金はルールに従って確実に返済出来る範囲内で行う事が必要ですから、返済の計画を練った上で活用する事が必要であり、事前に返済計画を立てる時でも利息額や完済までに必要な時間を把握しておけば安全に使えます。