キャッシング 審査結果

キャッシングにお申込みされると仮審査と本審査の2つの審査が行われ、仮審査に合格後に本審査に進みます。

 

本審査に合格しだい、キャッシング会社と契約しカード発行へと流れます。

 

仮審査では年齢や職業、勤務先、勤続年数、居住形態、居住年数、家族構成、保険の種類などなど申告された属性をチェックします。

 

属性の内容が良い人ほど仮審査に合格しやすく、属性の内容が悪い人ほど落ちやすいです。

 

この仮審査は機械で行っていますのですぐに結果が出ます。

 

その後の本審査は申告された属性が正しいかどうかをチェックします。

 

勤務先への在籍確認の電話連絡を行って、申告された勤務先に勤めているかどうかチェックします。

 

信用情報を参照して3か月以上の延滞や個人再生や自己破産など債務整理の記録があるかどうかチェックします。

 

この本審査は機械ではできないので人が直接行っています。

 

スピーディーなキャッシングで最短30分ほどで結果がでます。

 

あくまでもスムーズに進んだ場合の最短30分なので、その日のお申し込みが多かったり、申告された属性が間違っていたり、何らかの理由で遅くなることがあります。

 

急ぎでキャッシングしたいときはなるべく早めにお申し込みし、属性に間違いがないようよく確認して申告されたほうが良いでしょう。

 

 

 

キャッシングで現金を手にするまでの方法には口座への振り込みと自動契約機があります。

 

インターネットでお申込みし本審査に合格した後にネット上で契約すると、急ぎでキャッシングしたい人には金融機関の口座に即日振込しているキャッシングが多いです。

 

振込が確認されましたらその金融機関のキャッシュカードを使ってお近くのATMから現金を手にすることができます。

 

口座に即日振込できるのは平日14時までに設定しているキャッシングが多いので、平日14時以降や土日祝では翌営業日扱いとなります。

 

もし急ぎでキャッシングしたいのに平日14時以降や土日祝になってしまった場合は、本審査に合格した後に自動契約機で契約を行います。

 

契約が完了しだいその場ですぐにカードが発行されます。

 

発行されたカードを受け取りし、併設されているATMコーナーやコンビニ提携ATMなどから即日現金を手にすることが可能です。

 

平日でも土日祝でも21時や22時まで営業している自動契約機なら遅くなってしまっても大丈夫です。

 

21時や22時を過ぎてしまうと即日現金を手にすることができなくなります。

 

あまりのんびりしていると間に合わなくなるので早め早めの行動がおすすめです。

 

コンビニ提携ATMなら全国にたくさんあって便利ですが、キャッシングによっては提携ATM利用手数料のかかるところ、無料のところがありますので事前に確認しておくと良いでしょう。

 

キャッシング会社の店頭にあるATMや自動契約機に併設されているATMコーナーなら手数料無料であることが多いです。

 

店員さんや他のお客さんと顔を合わすのに抵抗がない人は、キャッシング会社の店頭まで出かけて契約しても即日カードが発行されます。

 

自動契約機も店頭窓口も運転免許証やパスポートなど本人確認書類を持参するのを忘れないで下さい。