総量規制について徹底解説

総量規制を気にしないといけない人は一部の人だけ!

総量規制とは、簡単に言うと国が債務者を守る為の法で、基本的に消費金融や信販会社、クレジットカード会社などに適応される法律になっています。

 

内容としては、年収の1/3以上の額を借りる事が出来ないと言う事になっており、例えば、年収300万円の人は100万円以上の借り入れを行う事が出来ないという内容になっています。

 

これは、国が債務者の借り過ぎを防ぐ為に行っている事で、借金によって破産する人などを防ぐ意味で取り組んでいる法になっています。

 

その為、借入れ額を設定する際、念のために多めの額を設定してしまい、それが、年収の1/3以上の額になってしまった場合は、他の条件をクリアしていても、審査に落ちてしまう事になってくるのです。

 

その為、キャッシングの審査に申し込む際は、限度額を適当に決めるのではなく、自分の年収の1/3以内に収まるように申し込むことが重要になってくるのです。

 

これは、パートやアルバイトなどで収入を得ている人も同じになっている為、年収が少ない人ほど気にする必要があると言う事が言えます。

 

また、総量規制が適応される消費金融や信販会社、クレジットカード会社において気を付けないといけないのが専業主婦です。専業主婦の場合、自分自身に安定した収入、すなわち、年収の1/3以前に年収と言うものがありません。

 

年収が0円の人には、総量規制が適応される金融業者では、お金を1円も借りる事ができないのです。これだけ聞くと、専業主婦の人はキャシングを行う事が出来ないように思えますが、あくまでも、総量規制が適応される消費金融などのみの事であって、総量規制適応外の銀行系カードローンの場合、専業主婦の人でもキャシングを行う事が可能になってきます。とは言っても、収入のある人に比べ限度額は低めに設定されてしまいますが。

 

このような事から、キャッシングの審査の申し込みを行う際、総量規制を気にする必要がある人は、第一に専業主婦の人。次にパートやアルバイトで年収の少ない人。そして、年収の1/3以上の限度額の申し込みを考えている人と言う感じになってきます。

 

専業主婦の人の場合は、1円も借りる事が出来ない事から、銀行系カードローンに的を絞ってキャッシングの審査に申し込む必要があり、その他の人においては、返済の事を考え、キャッシングの限度額を年収の1/3以内に設定する事が必要になってきます。

 

言い換えれば、これら以外の人には全く関係のない事と言う事がいえる総量規制。適正な範囲内での限度額で申し込み、専業主婦などの人は、銀行系カードローンに申し込むことで、審査や、カードの発行などに対し、一切心配する事はないものになっています。

 

その為、審査に申し込む際には、もう一度自分の年収などを確認し、その上で総量規制にあたる事がないかチェックした上で、審査に申し込むことで、審査に落ちる心配もなく、スムーズに審査、カードの発行と順を追ってクリアしていく事ができるのです。