ネットと自動契約機で最短借入れ

インターネットと自動契約機を活用して最短借り入れ

キャッシングの申し込みから融資までの流れは、以下の通りになります。

 

まずは、店頭、自動契約機、ネットなどから申し込みをおこないます。申し込み情報の記入は、十数分程度で終わります。

 

自分の住所、働き先、電話番号などを入力、もしくは書き込むだけであり、あまり時間はかかりません。申込情報を記入した後は、身分証明書類を提出することとなります。

 

運転免許証やパスポートが利用できます。店舗申し込みでしたらそのまま提出し、通信による提出でしたら携帯カメラやスキャナでデジタル化して送信することとなります。

 

そうして審査が始まりますが、審査にかかる時間は短くて数十分程度です。在籍確認が終わり、電話による本人確認も終え融資OKとの審査が下されれば、銀行振込による融資や、ATMによる融資がおこなわれ、完了となります。

 

 

さて、一番最短で借り入れできる方法が、インターネットと自動契約機を活用した方法です。

 

近所に自動契約機が設置されておれば、まずはインターネットから申し込みをおこないます。自動契約機の設置場所も、インターネットで検索ができます。

 

パソコンからでも、スマホからでも申し込みは可能ですので、自宅でなくとも、出先からでも申し込みができるという魅力があります。インターネット申し込みが終わると、金融機関側が審査を始めますが、この審査時間はどうしても数十分以上の時間が必要となってしまうのです。

 

ここで、ぼうっと待っているよりも、審査をおこなっている時間を活用することとなります。審査をおこなっている間に、自動契約機コーナーに向かうのです。

 

数十分の時間がかかりますので、車、電車に乗り、やや遠方の自動契約機コーナーに向かうだけの時間があります。審査時間を活用して赴けるので、時間の短縮となるのです。

 

自動契約機コーナーにおいて手続きをおこない、カードを受け取り、最寄りのATMでお金を引き出すと、最短融資が完了します。

 

インターネット申し込みのみであり、自動契約機を利用しなければ、銀行を介して融資してもらうこととなりますが、銀行の営業時間は昼過ぎまでですので、即日振込不可能になってしまった、なんてことも多いのです。

 

自動契約機は、夜の8時や9時まで営業している金融機関も多く、利便性が高まります。専用ATMや提携ATMを利用すれば、ほぼ24時間お金を引き出すことが可能となりますし、提携ATMは多くのコンビニに設置されているために、ATMに並ぶ可能性も少なくなります。

 

自動契約機が近所になくとも、インターネットから申し込み、審査をおこなっている時間を活用して有人店舗に赴き、カードを発行してもらうという方法も使えます。

 

店舗、自動契約機が近所に無い場合であっても、インターネット申し込みにより銀行に振り込んでもらいましょう。申し込みをおこなってから、審査がなされている間に、銀行ATMまで赴いておく、という短縮方法もあります。

 

電話による本人確認の必要があるために、携帯電話を持参しておきます。インターネット申し込みは、審査時間を有効活用できるために素早く借り入れたいという人に大変向いています。