キャッシングは金利だけじゃない!

キャッシング契約を検討する際、金利が低く、毎月の返済額も少ない商材を選びがちです。例えば、銀行カードローンでも、年利14.8%かつ毎月の最低返済額が2000円という契約であれば、日常生活における負担が少ないと感じます。

 

しかし、10万円を毎月2000円の返済で借り入れした場合、返済期間が長期化し、発生する利息も高額となります。もし、10万円を年利14.8%で借り入れ・返済した場合は完済までに79ヶ月を要し利息も約55000円程掛かり、1.5倍の金額を返済することになります。一方、毎月の返済額が10000円であれば、最短12ヶ月で完済でき、発生する利息も約7300円程で済みます。

 

では、消費者金融など年利18%のキャッシングではどうかと言うと、毎月10000円を返済すれば最短12ヶ月で返済が可能であり、利息も約9000円程で済みます。つまり、金利が高いキャッシング契約でも、毎月の返済額を高めに返済することで将来的に発生する利息を大きく圧縮出来ます。

 

カードローンを契約する際は、年利以外にも毎月の最小返済額に捕らわれないということが重要になります。特に最小金額での返済を続けることで元本がなかなか減らないという問題に繋がります。