銀行カードローンの融資

銀行カードローンの過剰融資問題はついに全国銀行協会が各銀行に対して自主規制をするように要請するという事態になってしまいました。具体的には2010年台と比べると銀行カードローンの融資残高は異常なほどの伸び率を示し、結果として6年ぶりに自己破産申請者が増えた原因となったと言われています。

 

銀行がこのような事態に陥ったのはいろいろ理由がありますが、大きく言えば2つの原因に集約できます。

 

一つ目は銀行にとって銀行カードローンは儲かるからにほかなりません。低金利政策の継続によって銀行カードローン以外の融資はかなり低金利となっており、その点からすれば銀行カードローンの金利は他の融資と比べると大幅に高く、銀行のとっては銀行カードローンが収益の柱になっていたということです。

 

もう一つは銀行は銀行カードローンの利用者が破綻したとしても、それが不良債権にならないことです。銀行カードローンを利用するためには保証会社の保証を受けますが、その保証会社はほとんどが個人融資についてのノウハウをもっている消費者金融で銀行カードローンの利用者が返済不能になったところで保証会社から保証されるので銀行は痛くも痒くもないということです。