キャッシング 即日

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンは、短期間で現金を調達できる方法として重宝できます。しかし、金利が高いことや殆どのローン商材でリボルビングスライド方式を採用するなど、実際の借入金額よりも総返済額が高くなってしまいます。

 

手持ちの現金に余裕を持たせることが可能なものの、手元に高額な現金を残しつつ借り入れするのは得策ではありません。

 

毎月の返済額が抑えられるため、他のことに現金を回せると考えてしまうものの、40万円の出費に対し30万円しか手元に無い場合、10万円だけ借りるのが賢い方法です。40万円全額の借り入れよりも10万円の方がはるかに利息が少なくて済み、返済期間も短くて済みます。

 

カードローンを利用する場合、必要最小限以上の借り入れをしてしまうことは返済リスクを高めてしまいます。追加で何度でも借り入れが出来てしまう反面、ついつい借り入れだけに頼ってしまうケースがあり、債務整理の要因ともなっています。

 

返済管理をより効率的かつどれだけ毎月返済しているのか明確にするためには、一度借り入れを行ったら一度完済するまで追加借り入れを避けるといったことがおすすめになります。

 

特に返済額を明確にしたい場合、追加借り入れ出来ないフリーローンの方が金利も低く、返済額も低く抑えられます。