キャッシングの限度額

キャッシングの申し込みを行なう際には、希望限度額を記入する項目があるでしょう。最初から高額な利用希望額を記入してしまうと、審査基準が一気に上がってしまうので、審査落ちが懸念されます。

 

審査に通過しなければ、1円も借り入れ出来ない状況となるので、最初は必要最小限の30万円程度から始めると良いでしょう。

 

なぜなら、貸金業法で収入証明書の提出が義務付けられているのは、50万円を超える借り入れまたは他社を含めて100万円を超える場合に限られているので、収入証明書提出が不要となる範囲内で申し込みすると審査基準が厳しくならないと想定されるからです。

 

一度キャッシング契約が完了してしまえば、少なくとも1年以上滞納することなく返済を続けられれば、利用限度額を増やしてもらえる可能性があります。

 

銀行カードローンならば、銀行側から定期的に途上与信が行われるので、増額案内が届くことがあります。銀行カードローンの増額案内は、積極的に受けることですぐに利用限度額を引き上げてもらえるでしょう。

 

一方、消費者金融からの増額案内については、形式的に届いているだけに過ぎないので、鵜呑みにしないことが肝心です。

 

消費者金融では、利用限度額アップという仕組みがあるわけではなく、あくまでも再審査を受ける案内が送られてくるに過ぎません。