キャッシング 即日

職場への在籍確認は審査において外せないほど重要な項目ですが、審査方法はとてもシンプルな点が特徴です。ほとんどの消費者金融では電話に出たらそれでおしまい、審査終了とする企業がほとんどです。

 

特に通常のケースである本人が受電する審査においては、特別な質問や応対は全く必要なく、概ね以下のような流れを想定すると良いでしょう。

 

 

申込者「お電話ありがとうございます。○○社○○です。」
消費者金融「○○さんですね。在籍が確認できましたので審査は終了致します。お忙しいところありがとうございました。」
申込者「はい。」

 

上記は本人が出た場合のモデルケースとなりますが、実際の在籍確認も大体この程度のものですから、特別な心配は無用です。

 

また、消費者金融の在籍確認の審査では、申込段階で電話をかける日時を指定できる企業も多いですから、バレたり怪しまれたりしたくないという方は自分が職場にいる時間を選択すると良いでしょう。

 

在籍確認は勤務実体を把握する事だけが目的であり長い会話にはなる事は稀ですから、電話に出ることさえできれば、あとは間違い電話であると言い訳したり、比較的イメージの良いクレジットカードの審査であると誤魔化したりと、職場の人に対する対処法はいくらでも存在します。従って電話に出ることが可能な立場であるならば、自身で受電する事が一番安全な方法です。

 

 

問題は、本人が受電するのが困難なケースとなります。例えば製造業等で働く作業職であればオフィスの電話に出る事は難しいと言わざるを得ませんし、外回り営業等の業務によっては外出が多く自身でオフィスの電話を受電する事は難しいと言わざるを得ません。

 

この様なケースの場合、消費者金融は在籍確認は職場の事務を担当する受け付けの方等を相手に行います。少しイメージが掴み難いところですが、本人外出中を想定したモデルケースしては以下の通りです。

 

 

受付「お電話ありがとうございます。○○社受付担当の○○です。」
消費者金融「お忙しいところ失礼します。○○と言う者ですが○○さんは居られますか?」
受付「○○は今席を外しています。」
消費者金融「わかりました。お忙しいところ失礼致しました。」

 

 

流れとしては上記のようになります。通常申込者が職場発覚を警戒する場合、在籍確認は本人が出ない場合は消費者金融の名前を名乗る事はありません。また、消費者金融の担当者はビジネステイストな話し方をせず、個人名を名乗る等の注意を払って連絡を行います。

 

もちろん、電話の発信元は企業の固定電話等ではなく、個人名義の携帯電話から行ってくれますから安心です。

 

肝心の審査基準についてですが、上記のケースの場合、受付担当者は席を外しているという形で応答している為、会社に籍をおいている事実は確認できますから、それで審査はクリアとなります。

 

重ねて申し上げますが、在籍確認の為の電話審査はそれほど深い情報を引き出す事を目的としているわけではありませんから、実際にはこの程度の事実の判明で良いのです。