キャッシング 雇用形態

キャッシングの審査については初心者だと色々な不安があると思います。審査基準というものはお店によって違いますし明確なものもあれば、書いてある必要事項を満たしていても落ちることがあるという体験談もあるからです。今回はキャッシングの審査において重要視される雇用形態についてお話していきたいと思います。

 

まずキャッシングの審査において調べられる個人情報について簡単におさらいしておきたいと思います。ここで言う個人情報はいわゆる属性というものであり、審査時には年収・勤務先・勤続年数・年収と言った借り入れと返済に係る属性が基本として調べられることとなります。それと同様に個人情報の住所や住居年数・住居形態・家族構成なども調べられます。今回はキャッシング時に雇用形態がどのように絡んでくるのかを説明するためにこれを詳しく説明していきます。

 

雇用形態の種類についてですが、やはり職の種類により信頼度の上下が存在します。正社員はもちろん高いですが公務員や大手企業だとさらに審査において有利になる傾向があるみたいです。そして順に契約社員・派遣社員・アルバイトという風に下がっていくのが大まかな傾向だと思われています。なお無職や専業主婦はよほどのことが無い限り審査ではほとんど通らないのが通例になっています。

 

例外としては自営業の場合がありますが、収入において不安定であると評価されがちなので、事業開始から一年以上などという継続的な期間がないと審査が厳しくなると言われています。

 

さて雇用形態で審査に有利不利が実際にあるということが分かりましたが、それではどのキャッシングでも一律で正社員ではないと審査が厳しくなるというような形になるのでしょうか?

 

その答えはお店によってまちまちですが、一般的に銀行系のキャッシングならば当然雇用形態は重視されますが、大手消費者金融系ならばそこまで気にすることは無いというのが現状だと思います。キャッシングの審査には雇用形態と同時に返済がしっかりとできる能力があるかと言う点も重視されます。即ちいくら良い職業についていても過去に金融系でトラブルを起こしていたり、先ほどの自営業のように不定期な収入であると、それは審査にとって信頼性が少ないと見なされてしまいがちになります。

 

必要なのは定期的な収入があり返済が確実に行うことが出来るという属性であり、たとえ派遣バイトであっても定期的な収入が存在するならば大手消費者金融系でのキャッシングの審査において、そこまで厳しくなることはありません。実際にこの手の大手消費者金融系はパートやアルバイトでも借り入れOKを謳っているにはところが多いので、そのために人気があるというシステムになっています。もちろん年収自体は少ない為に借り入れ限度額は比例して少なくなるのは仕方が無いと思われますが、高望みはせずに無理をしない限度の借り入れならば派遣バイトでも十分に審査に通るキャッシングのお店は存在しますので、まずはホームページなどで調べてみると良いと思いますね。