キャッシング 即日

キャッシングをしようと思った時、やっぱり年収が審査に関係してくるのかと気になるものです。

 

確かにキャッシングの審査に年収が全く関係ないとは言えません。ただキャッシングの審査に通るかどうかに関しては、年収の高い低いは関係ないと言っても良いでしょう。

 

例えば業者によっては、収入証明書が不要であったり収入のない専業主婦でもキャッシングが出来るケースがあります。そうした事を考えても、収入の額によって審査の結果は左右されないと言えます。

 

ですが、年収の額によって左右される項目があるのです。
それが借り入れ可能な額となります。

 

年収の額によってキャッシングで利用出来る最高借り入れ額は変わってきてしまうんですね。例えば消費者金融でキャッシングをする場合、年収が300万円なら最高で100万円までしかお金を借りる事は出来ません。ですが、年収が600万円ならば借り入れ限度額は最高で200万円までアップします。さらに年収が900万円ならば、最高で300万円まで借りられる計算になります。

 

これは消費者金融では総量規制という法律により、最大でも年収の3分の1までしかキャッシングが出来ないように定められているからです。しかし、総量規制の対象外である銀行でキャッシングをする場合はこの制約は当てはまりません。年収の3分の1以上キャッシングする事も可能です。

 

ただこの場合も年収の高さにより最高限度額は異なってくるのが普通です。年収以外が同じ条件の場合は、年収が高い程に限度額が高くなるでしょう。

 

ですからキャッシングを利用するには、最低限これくらいの収入が必要という事はないのです。ただ消費者金融でキャッシングをする場合は、自分が希望する額によって必要な最低限の年収を割り出す事は出来ます。

 

これまで年収とキャッシングの関係性について話してきましたが、キャッシングをする上で最も大切なのは年収ではありません。借りたお金を遅れる事なく返済するという信用が大切になります。消費者金融でも銀行でも、この信用をもとにしてお金を融資しているのです。

 

いくら年収が高くても、悪質な延滞を繰り返していたり沢山の業者からお金を借りている場合は信用が低くなりますから、審査に悪影響となってしまいます。

 

金融機関ではこうした今までの情報を全て共有していますから、過去の延滞や債務整理、そして借り入れや申し込みの情報まで全て把握する事が出来るのです。

 

キャッシングにとっては、この信用情報こそが年収よりも何よりも大切になる事を忘れてはいけません。ですからキャッシングの利用を考えているのなら、年収を気にするよりも自分の信用情報がどうなっているのかを確認しましょう。

 

信用情報は、本人が情報の開示を求めれば誰でも確認する事が出来ます。キャッシングの審査に落ちてしまった場合は、年収が理由で落ちたのではなく登録されている信用情報の状態が悪かった為に落とされたと考えるべきですね。

 

信用情報に問題がないならば、身の丈に合わない高額な融資を希望しない限り年収によりキャッシング審査に通らないという事はあまりありません。