キャッシング 審査

キャッシングはこの先あなたがお金を返していけるかを基準として審査されます。もちろんこれまでの年収や今の住所にどのくらい長く住んでいるか、これまで借り入れした際に延滞はなかったかなども考慮されますが、転職したばかりだとあまりあなたへの評価は高くないはずです。

 

審査の際にはこれまでの収入証明を出すことを求められることもあります。多くの会社では一定金額以上の借り入れでない場合には収入証明を求められないこともありますが、だからと言って転職前の年収をこれからも同じように入ってくるとするのはあまり得策ではありません。金融機関があなたを審査する際に利用する信用情報機関には様々な会社の年収情報も蓄積されており、嘘を書くと最悪審査で弾かれる恐れがあります。

 

では端的に転職したばかりの場合にどのくらいの限度額で提示されるものでしょうか。それは転職した会社の平均的な年収が審査の際に考慮されることとなり、それプラス勤続年数の短さから評価を下げられることになるでしょう。一般的な正社員の消費者金融での限度額を三十万円程度とすると十万円程度に下げられるかもしれません。もしそれ以上の額を借りたいと思われるのであれば、転職したてであることと、しっかりと今後の収入見込みを誠意を持って伝えるしかないと思われます。

 

特に質問された方の場合、これまで借り入れをしたことがなく初めてのキャッシングということで余計に信用力という面では低いと言わざるを得ません。これまでお金を借り入れてしっかり返済をしてきたのならば、その実績も一つの信用として評価されて、限度額も上乗せされる見込みが出てきます。しかしこの場合はそれもできませんので、とにかく金融機関の方と話してみるしかないでしょう。

 

とはいえ、仮に正社員に転職されたのであれば審査の段階で弾かれるということは考えにくいです。例え限度額が十万円など極端に低くなったとしても、とりあえず枠は設定してくれる可能性は高そうです。昔と比べて様々な規制やイメージにより、お金を借りるという方は少なくなってきました。消費者金融にとっては何はともあれ借りてもらって返済を続けてもらい、その利息で稼いでいくビジネスモデルな訳ですからこの借りる人自体の減少は死活問題となります。新規で来てくれる顧客はあくまで信用力がしっかりあって返済してくれる見込みが立つというのが前提ではありますが、ありがたい存在なはずです。その立場であることを利用して、新規で契約をどうしてもしたいと投げかけてみることで道は開けてくるでしょう。

 

ただ、転職先の年収情報を上積みしてもうまくいかないことは注意しましょう。前の勤務先に勤め続けているという形にしても、在籍確認という審査のプロセスで嘘をついていることはすぐにばれてしまいます。あくまで現状を正しく伝えて優良な顧客となる見込みがあるという印象を金融機関の方に持ってもらうことが重要です。