キャッシング 書類

最近の消費者金融の場合、借り入れ希望金額が少ない場合は収入証明書の提出が不要になっているケースが多いです。

 

各消費者金融によって収入証明書の提出が省略される金額には違いがありますが、100万円程度までなら省略されるケースが少なくないので、消費者金融を利用する為にかならず収入証明書を用意しておかなくてはならないというわけではありません。

 

とはいえ、もちろん利用する消費者金融の規則に則って書類を用意しなくてはなりませんから、事前に収入証明書の提出条件を調べておくようにしてください。
初めて借り入れを行う方なら問題ないと思いますが、他社からの借り入れ状況次第では借り入れ希望額が小さくても収入証明書が必要になる可能性もあります。

 

消費者金融では総量規制によって消費者への融資金額が制限されています。年収の3分の1を上回る金額を融資することは許されていないのです。既に他社からの借り入れがある場合、たとえ新規の借り入れ金額が少額でも、合計すると年収の3分の1を上回ってしまう可能性が出て来ます。その為、審査の際に年収を確認する目的で収入証明書の提出が求められる場合があるのです。その為、他社からの借り入れ状況と新たな融資での借り入れ希望金額によっては、収入証明書を用意しておいた方が無難かもしれません。

 

キャッシングやカードローンの審査で収入証明書として利用できるのは、源泉徴収票や所得証明書、それに給与明細などです。給与明細に関しては直近3か月分を用意しておけばほとんどの消費者金融に対応できると思います。給与明細が手元にない場合は源泉徴収票か所得証明書を手元に用意しておけば安心です。

 

また、申し込み者が自営業の方の場合は営業年数等によっては収入証明書の提出が求められることもあります。自営業者の場合は確定申告書や課税証明書が収入証明書として利用できるので、自営業でキャッシングやカードローンを利用したい場合は用意しておくと安心だと思います。

 

消費者金融のキャッシングやカードローンの利用で必要になるのは、収入証明書以外では本人確認書類です。これは必須なのできちんと用意できている人が多いですが、提出する予定の本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、それを一致させる他の書類も必要になります。その為、住民票をきちんと移してあるなら、住民票を本人確認書類として用意しておくと良いかもしれません。

 

しかし住民票をきちんと移していない方や他の書類の住所も現住所に変更していない場合は、公共料金の領収書などを現住所の確認用に用意しておいてください。公共料金の領収書は現住所がきちんと記載されているので、これを合わせて用意しておけば問題なく本人確認を行うことが出来ます。

 

もちろん本人確認書類として提出する予定の書類の住所が現住所ときちんと一致しているなら、これらの書類を用意する必要はありません。申し込みの際の状況に応じて必要になる可能性のある書類を用意しておきましょう。